Grace Blue ☆優海のつぶやき☆
優海のきまぐれページです(*- -)(*_ _)ペコリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
闘病日記 -6- ★
今日は、病院に行くようになって、初めての休日。

とは言っても、病院は診察やっているらしい。

予約の時間に行ってみる。

ドクターはやっぱり昨日と同じだ。

「変わったところないですか?」


「なんだか、いつも以上にのどが渇きます」

「あと、体が少しかゆいんですけど・・・」


「まぁ、それは関係ないでしょう・・・夏ですしね。」


患者ってさ、「変わったことないですか」って聞かれたら

前日と違う部分を答えるよ?

それが薬の副作用に関係あるとかないとかなんてわかんないもん。

でも、あっさり「関係ないです」って・・・

いったい、どんな症状を訴えてくるのを待ってるんだろう?

それって、副作用が出ることを期待してるのか?

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
じょーじあ♪
ほんとに!!
じょーじあが書いてくれた言葉が
そのまんまほしかったわけさ。

自分が気になっている状態が
副作用なのか、そうでないのかは
先生しかわかんないんだもん。

この病気になってお薬入れるようになって
体に現れた症状だと、
やっぱり気になるんだもん。
副作用でなくって、体力が落ちてるから
起こってることかもしれないけど
それは、患者にはわかんないよ。

説明責任とまでは言わないけどさ
もうちょっとフォローがほしかったよ。
2008/07/28(月) 16:11:58 | URL | 優海 [ 編集]
医者の仕事って、患者さんを
安心させてあげるのも仕事のうちだと思う。

適当なことを言って、安心させるのは
良くないけど、やっぱり、ちゃんと患者さんの
声を聞き入れるべきだと思うよね。

例えば、夏の暑さのせいで、
喉が渇いたり、痒いのかもしれないけど、
だとしたら、ちゃんと、『副作用としての症状ではないから
心配することないですよ。』
とか言い方一つで、患者さんの安心感に繋がるもんね。

例えば、それが副作用だったとしたら
多少はあるけど、治療後にはなくなりますとか何とか説明を聞きたいから
患者側も自分の体の変化を話してるんだもんね!

まったくもー、やだねぇ。。

2008/07/28(月) 15:23:57 | URL | ジョージア [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。